結婚すると言っているから

浮気をなかなかやめられないことの理由に、もうすぐ終わると思っているから、というものがあるだろう。
もう少し待っていれば、この関係が浮気ではないものに変わっていくから、もう少し待っていようというケースだ。
どういうことかというと、相手のほうが離婚をして、浮気相手の自分と結婚をする、というパターンがある。
相手が今のパートナーとは別れて、再婚をしようと言ってきていると、それをどうしても信じてしまうようだ。
浮気相手のことが好きなので、自分から距離を取ることはできず、そのまま関係がずるずると続いてしまうことになる。
相手のことが好きだという気持ちがあると、浮気とはいっても自分から関係を壊すことは難しくなる。
しかし、浮気相手が分かれて再婚をしたいと言っていても、それはほとんどの場合嘘だと思っておいたほうがいいだろう。
誰でも、自分の家庭を自分から壊すようなことはしないし、別れるといっても相当な覚悟がなければできないことだ。
こういった関係はあくまで遊びの一種で、お互いが都合のいいときだけに会うものだと常に肝に銘じておこう。
中には、本気であるようなことを言って、自分に都合のいいように関係を長引かせようとするような人もいるようだから、気を付けたほうがいいだろう。
相手が結婚という言葉を使ったからといって、単純にそれを本気の言葉と考えてはいけないということだ。
本気であるほどその言葉はうれしいものかもしれないが、相手もその気持ちは十分知っているのだ。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP